ユーザーレベルアドレベニュー

マネタイズで運用する、あらゆる広告ユニットやアドネットワークで発生する広告収益をユーザー単位で正確に計測することができる業界初の機能です。
ユーザーレベルアドレベニュー機能を使うユーザーレベルアドレベニュー機能を使う
ユーザーレベルアドレベニューとは?

いままでは、ユーザー単位の正確な収益はアプリ内課金のみ計測することができ、広告収益についてはユーザーひとりひとりではなくユーザー全体として計測する必要がありました。このため、正確なARPUの算出によるLTVモデルの構築も非常に困難で、広告出稿先の配信面ごとの単価最適化やマネタイズ戦略の最適化にも大きく影響を及ぼしていました。

ironSourceのユーザーレベルアドレベニュー機能により、アドネットワーク・広告ユニット・ユーザーごとの正確な広告収益が計測できるようになり、従来の課題を解決し、広告出稿先の正確なROASを算出することができます。

ユーザーひとりひとりの真の収益性を明らかにすることにより、ユーザー獲得とマネタイズの両側面にて、デベロッパーはまったく新しいインサイトを得ることができるでしょう。

ユーザーレベルアドレベニューのメリット

ユーザーひとりひとりのARPUを可視化

従来までは、デベロッパーは広告経由で獲得したユーザーごとの収益(ARPU)は可視化できていませんでした。ユーザー単位でアプリ内課金データは把握できても、ユーザー単位の広告収益部分は欠如していました。。ユーザーごとの正確なARPUを把握せずに、ユーザー獲得やマネタイズにおける意思決定をするのはとても困難でした。当社のユーザーレベルアドレベニュー機能を使うことにより、課金と広告収益を合わせた真のROASを把握することができるようになります。

ユーザー獲得戦略の最適化

従来はユーザー獲得においてはアプリ内課金を頼りにキャンペーン最適化を余儀なくされていました。そのため、費用対効果が悪く停止してしまった配信先の中に、広告の収益性がとても高い配信先が含まれていた可能性もあります。ironSourceのソリューションを使うことにより、アプリ内課金と広告収益を合わせたROASにもとづいてキャンペーンを最適化することができるようになります。

ケーススタディ

“「ironSourceのUARはユーザー獲得キャンペーンの運用および最適化を大きくエンハンスしてくれました。今までは、アプリ内広告のイベントデータを元にLTVを推定し、ユーザーごとの広告収益を算出していましたが、この方法は様々な欠点がありました。ironSourceのUARを使用することにより、あらゆるマーケティングチャネルにおいて、より効果的に広告予算を配分し、広告収益においてもより正確な視点を持つことができました。これにより、あらゆる面にて事業を加速させることができました。」 ”

Jeff Gurian, VP Marketing and Ad Monetization at Kongregate

“ 「われわれはハイパーカジュアルゲームを開発しているため、スケールを非常に重要視しています。ユーザーレベルアドレベニュー機能は我々のマーケティングのあり方を大きく変えました。この機能により、優れたターゲティングを行い、最も効果の良いユーザーを獲得することができるようになります。われわれはironSourceのメディエーションを使用しているので、われわれの全てのユーザーひとりひとりの正確な収益を算出することができます。直近で新規タイトルにてこのソリューションをテストしましたが、獲得ユーザーのクオリティを向上させることにより、収益性を2倍近く向上させることができました。 ”

Jason Falcus, COO at Kwalee

ROAS Optimizerについて - メディア掲載

PocketGamer

ironSource Launches ROAS Optimizer Tool

App Developer Magazine

New App Marketing Tool Gets Smart about User Acquisition

VentureBeat

ironSource: Predictions for 2019 on 5G, Hyper-Casual Games, and Adtech

計測ツールとの連携

“「多くのクライアントにとって、広告はアプリ収益において大きな割合を占めています。ユーザー単位の広告収益を計測することにより、クライアントはROIについてより具体的に全体像を把握することができることになるでしょう。他社ソリューションと違い、Adjustはデータを単純に集約してデータのクオリティを下げるようなことはしません。ironSourceとの連携により、広告収益において業界で初めて正確なインサイトをマーケターへ提供することができました。どのユーザーをターゲティングもしくはリターゲティングするか理解できることはユーザー獲得キャンペーンにおいては、非常に重要な判断材料になることでしょう、”

Paul H. Müller, Co-Founder and CTO at Adjust

“「AppsFlyerは2016年にアドレベニューアトリビューションをリリースしました。この度、新たにironSouceのこの機能と連携することにより、新たなデータのレイヤーが加わり、収益性に応じて実用的なインサイトを得られるようになることを大変嬉しくおもいます。獲得したユーザーごとの収益を理解することにより、キャンペーンの具体的なROIやROASを可視化することができ、マーケティングパフォーマンスの全体像をより明確にすることができるでしょう。”

Elad Mashiach, VP Partner Development at AppsFlyer

“「我々の第一の目標は、クライアントの広告予算の最適化に必要な全体的な視野を提供することです。ユーザー単位でそれぞれの価値が分析できるironSourceのプラットフォームは、クライアントへベストなデータを提供する我々のアビリティをさらに向上させることになるでしょう。」”

James Benoit, Sr. Manager of Product Operations at Kochava

“「これはパブリッシャーにとって非常に大きな勝利でしょう。我々はROIや収益において、より正確で細かなデータを提供するため努めていますが、この新たなデータによってSingularのクライアントは、広告収益においてより深いインサイトを得られることになるでしょう。」”

Alon Nafta, VP Product at Singular

ユーザーレベルアドレベニューの利用方法

ironSource platform

ironSource管理画面にてユーザーレベルアドレベニュー画面へアクセスironSource管理画面

計測ツール管理画面

AppsFlyer、Adjust、Singular、TenjinやKochavaの管理画面からユーザーレべルアドレベニューを見ることができます。

API

API経由にて、ユーザーレベルアドレベニューデータを取得することができます。API.

今すぐユーザーレベルアドレベニューを使う