ROAS Optimizer

Fユーザー獲得キャンペーンにおいて、アプリ内課金と広告収益データをユーザー単位で計測し、自動でROAS最適化運用をすることができます。
ROAS OptimizerをはじめましょうROAS Optimizerをはじめましょう
ROAS Optimizerとは?

ROAS Optimizerとは、ironSourceが業界で初めてアプリ内課金データ(IAP)とユーザー単位の広告収益データ(UAR)の両方を合算したROASを計測し、自動でキャンペーンのROAS最適化を実現する機能です。

従来、マーケターにとって効果的な施策を実施するにあたり、3つの課題がありました。1つ目は、配信面ごとの単価を手動最適化する物理的な限界。次に、正確なROASを算出のための、複雑かつ膨大な計算量。最後に、ユーザー単位の正確な広告収益データの計測です。ユーザー単位の広告収益データが計測できてはじめて、正確なARPUが算出できるようになります。

ROAS Optimizerを使用することにより、これらの課題を解決することができます。従来の煩雑な手動による計算や設定を必要とせずに、実際のROASにあわせて、毎日自動で何千もの配信先の単価を自動で更新することができるようになります。

ROAS Optimizerのメリット

適正な獲得単価

国、ジャンル、パブリッシャー、アプリなど様々な分類にて単価を最適化し、パフォーマンスを最大化します。

臨機応変に

各国の祝日、ウォーターフォールにおけるポジションの変化、新規タイトルのリリースなど、配信先の状況は常に変動します。自動で最適化が行われるため臨機応変にこれらの変動へ対応することが可能です。

異常値は排除

ironSourceのアルゴリズムでは、異常値については排除しています。このため、極端に出稿単価が乱高下してしまうことはありません。

継続的な自動調整

毎日行われる自動最適化により、手動による煩雑な作業から解放します。

新規配信先を最適化

新たに追加された配信先でも、適正な単価で入札することができます。

予測分析

ironSourceのアルゴリズムは、市場ベンチマークやサブカテゴリにおける動向トレンドなどをもとに、パフォーマンスを予測し最適化をすることが可能です。

レポーティング

パフォーマンスや単価は、広告出稿側管理画面から全て閲覧・編集可能です。

最新データの比重を重く

最適化精度を高めるため、アルゴリズムは最新のデータに比重をおいています。

ケーススタディ

KwaleeはROASを40%向上させたOptimizer

“ 「ironSourceのツールを使用し、初めて配信先ごとのROASを正確に計測することができるようになりました。ROAS Optimizerにより、臨機応変なROAS最適化が実現できただけでなく、近似CPI単価にてROAS自体を向上させることができました。まさに、マーケターにとって夢のツールです。」 ”

Kwalee、Digital Marketing Manager、Ryan Davies

ROAS optimizerのメディア掲載

ROAS Optimizerについて詳細はこちら