アプリ内ビディング

ironSourceのアプリ内ビディングソリューション「LevelPlay」が実現するリアルタイムオークションによるマネタイズのインパクト
いますぐLevelPlayを導入するいますぐLevelPlayを導入する
進化したアプリマネタイズ

LevelPlayにより、デベロッパーはアプリの広告枠にインプレッションごとにビディングが行われるリアルタイムビディングのオークションを導入することができます。LevelPlayは、広告枠における競争性を向上することによりイールドを最大化するだけでなく、ウォーターフォールの運用を自動化しリソースの削減を実現します。

アプリ内ビディングのメリット

広告収益の最大化

LevelPlayのアプリ内ビディングオークションにより、最高入札者がインプレッションを勝ち取れるようになり、結果としてデベロッパーの収益性も向上します。またアドネットワーク側はインプレッションごとに入札することができるようになるため、デベロッパーの収益性が低下するリスクはありません。

運用コストの抑制

No従来までは、どのようなウォーターフォールを運用していても、日々の最適化運用リソースがかかります。LevelPlatyのアプリ内ビディングソリューションはインプレッションごとに収益最大化を実現するため、従来の運用を自動化し最適化運用にかかるリソースを削減することができます。

透明性の高いデータ

LevelPlayは、広告インプレッションごとの価値を可視化し、マネタイズ施策最適化のための詳細なデータを提供します。

レイテンシーの改善

従来のウォーターフォールでは、場合によっては何度も広告リクエストを送信する必要があり、広告表示のたびに貴重な時間が消費されていました。LevelPlayのアプリ内ビディングソリューションは最高入札者のみが広告をロードしインプレッションをフィルするため、インプレッションの売買をミリ秒単位に圧縮することができます。

LevelPlayの特徴

A/Bテスト機能

LevelPlayではironSourceメディエーションの提供する機能を全て利用でき、A/Bテスト機能も含まれます。このツールにより、従来のウォーターフォールとの比較、ビディングとウォーターフォール併用時の比較など、細かくテストし、最も収益性の高い収益化施策を採用することができます。

技術面での安定性の向上

LevelPlayは収益やイールド最大化を実現するだけでなく、技術面においてもアプリ起動中のフットプリントを最小化するため、広告の過剰キャッシュなどの問題に悩まされることはありません。

ハイブリッドモデル

デベロッパーの収益化施策によっては従来のウォーターフォールも引き続き必要になります。そのため、ironSourceではデベロッパーが従来のウォーターフォールと併用してLevelPlayのアプリ内ビディングソリューションを利用することができるよう、ハイブリッドモデルとして設計されています。

いますぐLevelPlayを導入する